国宝犬山城【こくほう いぬやまじょう】

  • 犬山城概観2
  • IMG_3945
  • D33F2171_

国宝指定四城の一つ、木曽川の南岸にそそりたつ犬山城

犬山城は豊臣秀吉が生まれた天文6年(1537)、織田信長の叔父である織田信康によって創建された、現存する日本最古の木造天守閣です。

尾張(愛知県)と美濃(岐阜県)の国境に位置するため、戦国時代を通じて国盗りの要所となり、城主はめまぐるしく変わりました。小牧・長久手の合戦(1584)では、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が12万人の大軍を率いてこの城に入城し、小牧山城に陣取る徳川家康と生涯唯一の直接対決をしました。

江戸時代に入ると、尾張藩付家老の成瀬正成が城主となり、幕末まで続きましたが、明治維新による廃藩置県のため、この城は愛知県所有となりました。しかし、明治24年の濃尾地震で半壊し、その修復を条件に城は再び成瀬家の所有となり、平成16年に財団法人に移管するまで日本で唯一、個人所有の城でした。

城門をくぐると犬山城の雄姿が

犬山城は北方に木曽川が流れており、入場は南方からになります。南方から天守閣が見えづらい構造になっていますが、城門をくぐり、天守閣が見えた瞬間、犬山城のオーラを体感いただけます。

神木「大杉様」

天守閣の東方に櫓に囲まれた杉の木があります。この杉は元々、犬山城よりやや背が高く(24.5m)、伊勢湾台風の際、落雷があり枯れてしまいました。それ以降、地元の住民は、杉の木が犬山城の身代わりになってくれたとして、しめ縄をして祀っています。

歴史を刻む木造建築

築城当時の木材が多く残されている犬山城。「さすが国宝」と思わせる歴史を刻んだ古木材の温もりを体感してください。城内では歩くとミシミシと鳴る音や、床の隙間など、五感で犬山城を楽しめます。

天守最上階からの絶景「殿様気分で」

望楼型の天守最上階からは絶景をご覧いただけます。周囲を確認できるよう、天守最上階を取り巻く回廊があり、天気が良い日には、美しい木曽川の眺めや、御嶽山、岐阜城、名古屋駅ビルなど山あり川ありの絶景をご覧いただけます。

施設名称
国宝 犬山城
所在地
犬山市犬山北古券65-2
電話
0568-61-1711(犬山城管理事務所)
交通案内
犬山駅から徒歩約15分
開館時間
9:00-16:30(閉門は17:00)
定休日
12/29-31
入場料
大人500円  小・中学生100円
ホームページ
http://inuyama-castle.jp/