犬山城下町【いぬやまじょうかまち】

城郭構造をそのまま残した風情ある町並み

犬山城下町は犬山城の築城に伴い、もともとあった町を整備して作られました。商人や職人の同業者を近くに住まわせて、町の発展を促したとされ、鍛冶屋町・魚屋町などの町名に名残が見られます。また、町の中央部に町人町を置き、それを囲むように侍町を配置したほか、城下町の外周を木戸や堀、土塁等で取り囲む総構えの城下町として守りを固めていました。現在も江戸時代と変わらない町割り(町の区画)がそのまま残り、江戸から昭和までの歴史的な建造物が立ち並びます。そして、なんと言っても国宝犬山城と有楽苑の国宝茶室如庵をお見逃しなく。国宝が一つの町に二つもあるのはとてもめずらしいんですよ。

見どころ

お笑い人力車

行楽シーズンには人力車を運行します。車夫を務めるのは名古屋よしもとの若手芸人。料金は約15分間で1,000円。殿様お姫様気分でぜひご乗車ください。

繝輔Ν繧オ繧、繧ケ繧・f20150503-1050

車山蔵

町のあちらこちらには犬山祭に使われる車山をおさめた車山蔵があります。

古い町屋

古い町屋やお屋敷も多くみられます。

繝輔Ν繧オ繧、繧ケ繧・f20150503-1053

グルメ

郷土料理のでんがくや五平餅をほおばったり、町屋をそのまま改造したカフェやレストランで休憩やお食事はいかがですか。

桜の名所

愛知県屈指の桜の名所です。花見の季節にはぜひ皆様でどうぞ。

P3230013

自然

木曽川の川風がきもちいい。桜シーズンはお花見人力車や風流お花見船で。夏は船上から打上げられる花火大会でにぎわいます。

s20140406-1118

古井戸

昔ながらの古井戸もあちらこちらに残っています。

町名由来看板

あちらこちらに町名由来看板があって、町の由来を教えてくれます。

P1070193

町角散歩

こんな昭和レトロな雰囲気も。何気ない町角にも、ほっとする懐かしさが。

繝輔Ν繧オ繧、繧ケ繧・f20150503-1114
繝輔Ν繧オ繧、繧ケ繧・f20150503-1128
繝輔Ν繧オ繧、繧ケ繧・f20150503-1093
名称
犬山城下町(いぬやまじょうかまち)
電話
0568-61-6000
交通案内

名鉄「犬山駅」西口より徒歩約10分

外観
_N5C8728

プリント