犬山観光写真コンテスト殿堂者

愛知県犬山市で毎年開催している「犬山観光写真コンテスト」において、三賞(最優秀賞・市長賞・観光協会長賞)を10回以上受賞された方を殿堂入りとし、これまでの受賞作品をご紹介します。

認定者紹介

髙木一博(2021年殿堂入り)

1948年、愛知県犬山市生まれ。公認会計士。本業の傍ら、平成24年から一眼レフカメラで地元犬山を中心に創作活動を始める。愛知県を中心に撮影を続け、各地の写真コンテストで受賞を重ね、これまで3回写真展を開催し、その作品は様々な観光パンフレットや新聞などに掲載されている。中日写真展、JPS、JPAをはじめ、フォトコンテストの受賞数は80を超える。

犬山観光写真コンテスト受賞歴

  • 最優秀賞 4回
  • 市長賞 4回
  • 会長賞 3回

過去の作品