針綱神社【はりつなじんじゃ】

尾張五社のひとつ

延喜式神明帳所載の式内社で本国貞治本には従一位針綱明神又同元亀本には正一位針綱明神とあり、太古よりこの犬山の峯に鎮座せされ東海鎮護、水産拓殖、五穀 豊饒、厄除、安産、長命の神として古来より神威顕著にして士農工商の崇敬殊に厚く白山大明神と称えられ濃尾の総鎮守でありました。国指定無形民俗文化財の犬山祭は針綱神社の祭礼です。

見どころ

中興

織田信長の叔父織田信康公、市内木の下城を社地に移築せんと御奈良天皇の宣旨を蒙り、天文六年(1537)8月28日市内白山平(お城の東方にあるお山)に遷座し奉った。爾后69年を経た慶長11年4月8日更に市内名栗町に遷座し奉り、城主成瀬氏代々の祈願所でありました。

明治維新後

明治15年9月28日名栗町の座地より天文6年迄座地であった現在地に御遷座になり、戦前は県社とし戦後は宗教法人針綱神社(尾張五社の一つ)として近隣の崇敬を集めています。

御利益

安産・八方除・厄除・交通安全・子授け

縁起物

子授800円、安産1000円、八方除1000円、厄除800円、わん丸君守り800円

犬山観光協会写真 028
名称
針綱神社(はりつなじんじゃ)
所在地
愛知県犬山市犬山北古券65-1
電話
0568-61-0180
交通案内

名鉄「犬山遊園駅」西口より徒歩約12分

外観
20.12.1 お気に入り

プリント