犬山城の御城印誕生

更新日
2019年5月4日

改元に合わせて、一般社団法人は犬山市観光協会(会長:小川征一)は令和元年5月1日から、国宝犬山城の御城印を犬山城前観光案内所で頒布します。御城印には大きく「国宝犬山城」の文字。地元の書道家・松浦先生による揮毫。背景には犬山城とゆかりのある織田家・豊臣家・徳川家・成瀬家の家紋が描かれています。今年に入って観光客から御城印について問い合わせが相次いでいたため、改元にあわせて頒布を開始することになりました。

犬山城の御城印

頒布開始:令和元年5月1日
頒布場所:犬山城前観光案内所(犬山市犬山北古券12番地)
頒布時間:9:00-17:00
頒布料金:300円(1枚につき)
注意事項:おひとりさま1枚までお求めいただけます

成瀬氏のサイン入り御城印(完売)

令和元年五月一日の印字があるものは500枚(先着)頒布、内50枚には江戸期より平成の世まで代々犬山城主を務めた成瀬家の成瀬淳子氏直筆サイン入り版を特別に頒布します。

5月5日以降の頒布について

ご好評により美濃和紙を使用した御城印は完売いたしました。5月5日からは奉書紙(和紙)を使用した御城印となりますので予めご了承ください。午前9時より頒布します。

お問合せ(犬山観光案内所)

0568-61-6000